各社コーポーレートサイト内、求人コンテンツを集めたディレクトリ型検索エンジン運営

各社のコーポーレートサイトには求人ページ(リクルートページ)が存在するが、このページを閲覧する求職者は極めて少ない。ほぼ全ての求職者が求人系の広告媒体(検索サイト含む)を見て、仕事を探している。求人サイトへの広告出稿は非常に高額で中小企業には大きな負担になる。こういった広告費を出来るだけ掛けないで、企業と求職者がマッチングできれば理想的。ハローワークは無料だが、正直いろんな意味でクオリティーが低い。各社のコーポーレートサイトにある求人ページをより多くの人に見てもらえるように、それらをまとめるディレクトリ型検索エンジンを開発・運営。ディレクトリ型かクローラー型、ハイブリット型かは要検討。

ゆくゆくは、求職者側のリストを収集する。”ブラックな働き方”を自ら希望する求職者専用求人サイト。重労働、高収入、やり甲斐、成長。1ヶ月の1週間の体験勤務制度の導入。

※詳細は後日追記予定

1,存在意義の無い、コーポーレートサイト内、求人ページの活用
2,求人系サイトの掲載費用が高すぎる(人材紹介含む)
3,検索エンジン(ディレクトリ型、クローラー型、ハイブリット型?)
4,検索機能の充実
5,特典(お祝い金等)
6,掲載費用は完全無料(マネタイズは後で考える)
7,シンプルに、手軽に、しっかりとした求人ページを作成できるようにサポート出来るツールがあるといい。(WordPressテンプレート?HTMLテンプレート?)
8,一括応募が出来るといい(企業の登録には必ずメールアドレスだけは貰う。そのアドレスに一括応募が出来るようにする。)
9,求人ページを出来るだけ統一化したい。(最低限の項目は用意して頂く?)
10,ついでに・・・履歴書や職務経歴書を書くのって馬鹿らしい。どうにかならないか?
企業のリストは下記の”本当の働き方改革”プロジェクトにも繋がる可能性あり。
最新情報をチェックしよう!